スティレラティーノやその他人気ブランドのナポリでの評価とか評判とか

前回のスティレラティーノとかの仕入れ値の話、意外と好評だったので、もう少し詳しく書いてみようと思う。

こういう今日本で人気のブランドのナポリでの評価ってどうなの、という話。

 

で、のっけからこんなこと書いてはなんだけど、スティレラティーノとかパイデアとか、ディペトリロとかそういうブランドはナポリでは全く売ってない。

もしかしたらちょっとは売っているかもしれないが、店で見たことはない。

売っているのを見たことがあるのはLBM1911とかタリアトーレのジャケットくらい。そういうのが5〜6万円で売っていたりする。あとはPT01とか。めちゃくちゃ高いけど。あとはキートンとかを売っている店が時々ある。

それ以外はほとんど売っていない。

だからスティレラティーノとかパイデアとか、ディペトリロとかにナポリの評判も何もないのだ。

どうして売っていないか。

現地では高すぎるし、日本人向けのブランドだから。

 

ナポリではだいたい2万〜4万円のスーツやジャケットを着ている人が多い。セールの時期なら1万円くらいで買える。

これは別にブランド生地を使っているわけでもないし、作りは日本でいうスーツセレクトにちょっと毛が生えたようなものだ。

それ以上いいものを求める場合は、たいていサルトリアに行く。

安いサルトリアで現地人なら13万円くらいから作れるところもある。生地をどこかで安く買っていけば、15万円くらいで済むということだ。日本人が行くと、安いところで15万円〜20万円くらいで作れる。

だからスティレラティーノのような服を20万円以上も出して買う理由はないのだ。ちなみにイタリアでも北部などスティレラティーノが売っていることはあるが、値段は10万円〜15万円くらいだ。

それでもサルトリアでハンドメイドのスミズーラをする方がよほどいいじゃん、ていう話。

 

でも日本ではナポリ仕立てが20万円で作れるところなどないから、既製服を買うのは仕方がない。

あとはどんなブランドを選ぶか次第。少なくともポリやナイロンの生地のスーツなど、価値はないから買わないだろう。

20万円の既製服だったら、ホーランドシェリーとかカルロバルベラとか、カチョッポリ、あとはドラッパーズとか使っていて当然だと思う。

ちゃんと目を養うこと。

これが一番大事なのだ。

日本人はマスク依存症から脱却すべきだと思う

インフルエンザが流行っている。

しかしそれだからという理由じゃ説明できないくらい、たくさんの人がマスクをしている。街中を歩いていると、恐らく半分くらいの人がマスクをしている。

これは恐ろしいことだ。

外国人からするとマスクをするのは病人である。彼らが日本に降り立ったら、国民の半分が病人のように見えるのである。

そして日本人の半分は、病人である。

 

マスク依存症という言葉があるかどうか知らないが、まちがいなく一種の病気である。

マスクを手放せず、友達と会っているときや、食事の前後でさえずっとマスクをしている人がたくさんいる。

最初は病気を避けるという意味でし始めたのかもしれない。

だが段々と事情は変わってくる。

マスクをしているうちに、マスクが精神的な安心感をもたらすようになってくるのだ。

そもそも日本人は顔の一部を隠すのが好きだ。

特に若い女の子など、自分のコンプレックスを過剰に隠したがる。だからコンプレックスの多い子は、長くて重い前髪で目をできるだけ隠して、マスクで顔下半分を隠したまるで犯罪者のような風貌になっている。

 

そこにイヤホンである。

外に出ているのに、できるだけ外界から自分を退けようとしている。

つまりマスク依存症は、コミュニケーションを避けて、より楽に、より小さな世界で生きようとしている証拠なのだ。

これが男だと本当にカッコ悪い。

重い前髪の髪に女々しくガリガリの体、猫背にマスクをずっとしている男など、関わりたくもない。

 

ヨーロッパ人はマスクをしない。

彼らは自分というものを常に人に認識させる。それがマナーだからだ。初めて会ったときに、お互いがはっきりとあいさつもせず、名前も名乗らないのは、日本人くらいのものだ。

彼らは握手もする。これは武器を持っていない宣言なのかどうかわからないが、マスク依存症の日本人とは対極にあるのは間違いない。

 

マスク依存症はカッコ悪い。どんな顔でも、自信を持って歩けばいいと思う。

コミュニケーションを恐れず、店員や目があった人に挨拶すればいいと思う。あいさつを無視されたら恥ずかしい?無視する方が恥ずかしい人間だ。

感染症が怖いなら、むしろ次亜塩素酸水のスプレーを持ち歩いて常に手を清潔にする方がよほどいい。

そもそも僕は限りある人生の長い時間を、あんなものをした状態で過ごそうなどとは絶対に思わないし。

 

起業したい → どうやったらいいのか分からない = 就職しなさい

僕はもちろん法人オーナーになるわけだが、時々知り合いのつてなどで、起業したいという学生の相談を受けたりする。

これが本当にくだらない相談ばかりである。

こういう学生のほとんどは、起業したいが何をすればいいか、と聞く。僕はそういうときには即座に答えている。

「就職しなさい」

これはまず就職して準備をしなさいとかそういうことではなく、あなたに起業は無理だから諦めてサラリーマンになりなさいということである。

 

そもそも起業という言葉が悪い。

起業というのは、誰かが事業を始めて実質的に法人や個人事業主になった状態のことであり、これから事業を起こすことではない。

事業を起こすという漠然とした響きに憧れて、

「起業家を目指しています」

なんて言ってのける人は本当にバカなのかと思う。

 

会社を起こすのが難しいと言っているわけではない。

会社を起こすのは簡単だし、経営者と名乗るのはすぐにできる。だが問題は、何をするかである。

そもそも起業を

「起業してみよう」

と言って始める人間は8割失敗する。

まずは自分ができること、これはいけるかもしれないと思ったことを、まずできる範囲で試してみる。それが商売としてうまく行き始めたら、自然に規模が大きくなっていく。

売り上げも出て確定申告か、登記をしなければならない。

そして個人事業主か法人を選ぶ。これが起業である。

「会社をやってみたいんですが、何をやったらいいか分からない」

なんていうバカが入り込む隙間などない。

何もできない空っぽの人間に限って、自分が起業家だなどと思い込むのだ。

 

それならむしろハサミと針と糸しか使えないが、超一流の服を作れる人の方がまだ起業家である。その人には客がつくし、金を払う。ある程度客がついて金が入ってくれば、自然と個人事業主か法人になるからだ。

本当に起業したいならば、自分が今できることを突き詰めるか、何もかも手当たり次第不屈の精神で試していくかどちらかだ。

僕の場合は仕事の内容を詳しく書くことはできないが、イタリア語ができ、日本語ができ、あとはスペイン語が多少できた。

その3つの言語と僕の行動力でできることを色々試しているうちに、ある一つに手応えを感じてそこに全力をつぎ込んだ。そしてある程度うまくいったわけだ。

これが起業である。

 

だから起業したいという学生には、

「なら今始めなさい」

と言う。

そして

「何を始めたらいいですか」

などと言う者には、就職しなさいと言うのだ。

自分に他人の10倍できることがないのなら、就職するのが一番なのだ。

ラベラサルトリアナポレターナ (本名オラツィオルチアーノ)は昔の方が好きだった

ラベラサルトリアナポレターナというブランドがある。もともとオラツィオルチアーノというサルトリアで、最近はそっちの名前を打ち出してきている。

このブランドは長くストラスブルゴで扱われており、すっかりリデアオリジナルブランドのような趣だ。

だがそれ以前にはやはりいくつかの小さなショップで取り扱われていた。

そしてその頃のラベラサルトリアナポレターナが僕は好きだった。

 

昔のラベラサルトリアナポレターナは、すごく古風なサルトリアだった。

今ではアンコンに派手なマニカマッピーナ、これ見よがしなダブルステッチでナポリらしさを全開にしているが、昔はむしろ

「これがナポリ仕立て?」

と疑問に思うくらい肩パッドが入っていて、マニカマッピーナも控えめだった。今でいうコスタンティーノとかサルトリアチャルディに近い雰囲気だったと思う。

今のラベラサルトリアナポレターナを作ったのは、2代目のピノ。1代目のオラツィオも頭の堅い人間ではなかったから、今に適合する軽快スタイルに切り替えたわけだ。

 

だけど僕はやりすぎだと思う。

アンコンの軽さを打ち出しすぎで、かたちもまるっこすぎる。あのコンパクトな感じはむしろソリートっぽくて、ちょっといただけない。

着丈も短すぎだ。

別に何でもかんでも昔の方がいいというような懐古主義者じゃない。

だけどスタイルとして、

「本物のサルトリアナポレターナ」

の名前はこのスタイルには当てはまらないと思う。

 

日本ではこういう軽快な仕立て方イコールナポリ仕立てだと思われているが、それは違う。本物のサルトリアナポレターナはむしろあの、肩の強調された、ちょっとごつい感じのジャケットだったと思う。

昔の雰囲気で既製服出しても、ナポリ仕立てはアンコンの思い込みがあって売れないのかな。

僕のお気に入りのサルトリアについて 雑感とか評価とか

僕のお気に入りのサルトリアについて書いてみようと思う。

正直言って、僕はそれほど洋服マニアではない。

もちろん色々なところで服を仕立てていて、スーツについてはそれなりに知っているが、毛芯がどうとかあまりよくわかっていない。理由は一つで、僕は仕立て職人ではないから知る必要はない。

だがフィーリングと、あとは自分の好みでお気に入りのサルトリアや、そうでないサルトリアがある。

 

僕の一番のお気に入りはベタなところだがサルトリアチャルディだ。

ナポリの友人の弁護士がサルトリアチャルディから徒歩5分くらいのところに住んでいたので、彼と一緒に遊びに行っていた。

レナートさんが去年の4月に亡くなったときには、泣いてしまいそうだった。

あのレナートさんはまず人柄が素晴らしかった。ユーモラスで知的で、そして優しい。彼の話ぶりを聞くために仕立てに行くような感じだ。

もちろん仕立ても素晴らしい。ちょっと着丈を長めにしてもらって、肩パットも少し入れてもらうのが最高だ。

レナートさんが亡くなってからは息子兄弟のエンツォとロベルトが継いだ。

彼らの仕立ても全然悪くない。ちゃんと継承されている。ただフィッティングの好みの違いはある。エンツォに任せるのが僕は好み。

日本では伊勢丹メンズ館とプロフェソールランバルディという静岡のセレクトショップだけが扱っているとエンツォから聞いた。

静岡には昔他にもサルトリアチャルディを扱うマニアックな店があったらしい。

ちょうど両方のジャケットがあって見せてもらった。

伊勢丹のジャケットは、ドーメルのビンテージテイスト生地を使っていて、重すぎる。厚さがあるのでジャケット全体が丸ぼったい感じになっている。

あと既製服はちょっと作りが違う。

プロフェソールランバルディという店のスーツはメイドトゥメジャーで作った客のものだったが、出来栄えはナポリのスミズーラと同じだった。メイドトゥメジャーでいくらくらいなんだろう。

値段によってはなかなか良いかもしれない。あの出来で日本なら60万円くらいだろうか?

とにかくサルトリアチャルディは、レナートさんが亡くなった今でも、良いサルトリアだと思う。

 

サルトリアパニコもやはり良い。アントニオの仕立てるスーツは何が良いって、肩が良い。肩の前にせり出す感じというか、これがきれいだと思う。

またボリュームのある胸回りもいい。男の色気が際立つスーツだ。

アントニオは渋い男だが、その実子供みたいにやんちゃでもある。

あの人柄はイタリア語がわかれば皆惹かれると思う。

このサルトリアパニコは昔ビームスかどこかと問題を起こしたらしく、そのせいで日本ではトランクショーをやらないのだという。

英語の話せる娘の方が金になることをやろうとして怒られたという具合だ。

今は日本で扱いがないようだが、韓国に扱っているショップがある。らマルシェという店で、サルトリアパニコのオーダーをやっているらしい。

仕立て賃はサルトリアチャルディと変わらないが、サルトリアチャルディに比べると随分長く待たされる。

 

コスタンティーノは昔スカルピーノという名前だった時に作った。いいスーツだが、少し高いと思う。フェリチェ・ビゾーネが生きている限りのブランド。また機会があれば作りたいが、今はもっと値段が上がっていそうだ。

サルトリア・ソリートは時々行っていた。モダンな雰囲気なので、今はあまり気分ではないが、たまに着ている。

ダルクオーレは昔、知人に見せてもらったスミズーラが強烈だった。これは天才だ、と本気で思った。だが最近は娘婿のダミアーノが金になるブランド化を進めているから、あまり行く気にならない。

アマートという日本ではあまり知られていないサルトリアがあって、そこもなかなか素晴らしい仕立てだった。今は生きているかどうか、連絡を取っていないのでわからない。

もっとたくさんあるけど、今回は書ききれないのでこのくらいに。

スティレラティーノとかナポリブランドの日本での値段は妥当じゃない

ときどき勘違いしている人がいるけど、イタリアと日本でイタリア製の服の値段が同じはずがない。

それに日本でイタリア製の服がイタリアの二倍の価格だったとしても、それは一概にはボッタクリとは言えないのである。

とは言え日本で売られているスティレラティーノとかそういうブランドは高すぎなのでは?と思って、色々考えてみたことがあった。

 

 

最近日本で人気になりだしたルカグラッシア、パイデア、スティレラティーノとかそういうものをナポリ仕立てに含めるのは日本のファッション業界のやり方だが、これは本来はナポリ仕立てではない。

ナポリ仕立てはあくまでサルトリアが仕立てるものだから。

ちなみにルカグラッシアはともかく、パイデアやスティレラティーノといったマシンブランドの仕入れ値が安い。

それをナポリ仕立てと言ってハンドメイドのスーツと同じような値段で売るのはどうなんだろう。

 

例えばだが、BRオンラインというストアで売っているパイデアは24万円のスーツでポリエステル混生地。スティレラティーノもそのくらいの値段でナイロン混などの生地が多い。

知られていないことだが、良い生地はかなり高いし、粗悪な生地は驚くほど安い。

もしスキャバルとかホーランドシェリーとかの生地をプレタポルテに使おうとすると、高ければメートル単価1万円以上になって、スーツ1着の生地代が3万とか4万円になる。

それに対して安いウールはメートル1000円からあるし、ポリエステル混の生地を大量に発注すればメートル500円にもなる。

こういう生地をスーツに使えば、一着分の生地代が1500円になる。

 

スティレラティーノとかパイデアのようなマシンメイド〜セミハンドメイドのナポリ製プレタポルテの仕入れ値は、だいたい高くても5〜10万円くらい。

だから高級生地を使ってセミハンドメイドで仕立てれば仕入れ値は14万円(仕立て10万+生地4万)になるし、ポリ生地を使ってフルマシンメイドにすれば仕入れ値は51500円(仕立て5万+生地1500円)になる。

もちろんこれは極端な例え話だが、ある程度事実。

 

こうなれば販売価格も変わるわけだ。

仕入れ値14万円の高級生地スーツだったら、輸入関税やそのほかの経費、リスク、店の取り分などを考えてセミハンドメイドスーツなら、20〜25万円くらいになるのが自然だろう。

しかしこの5万円のスーツは?これも同じように20〜25万円で売られている。

スティレラティーノがそうというわけではないけど、自分でしっかりと仕立てとか生地の良さを確認しないと、こういうものを掴んでしまう。

どうせナポリのプレタポルテに同じ金額を使うのなら、しっかりとしたものを買いたいところ。

 

タイトルはスティレラティーノやナポリブランドの日本での値段は妥当かという風にしたけど、結局妥当かどうかはブランドじゃなくて、自分で判断しなければならない。

 

ポリ混でマシンメイドならスティレラティーノでも10万円が妥当で、無名ブランドでもホーランドシェリーでセミハンドメイドなら20万円出すべきなんじゃないの?と僕は思うのだ。

客が馬鹿だと店はダメになる

最近、家の近くにあるショップに行ったのだが、この店はすっかりダメになっていた。

僕はこの店のオーナーを昔から知っていたし、この人のことはなかなか好きだったのだが、店は残念になっていたのだ。

もともとこの店は僕の普段書いているようなナポリ服やスーツの店ではないのだが、質の悪いものを一切おかずに、ちょっと珍しい服や一点ものに近い手間のかかったデザイン服を売る店だった。

最近着ていないのでなんという名前か忘れてしまったが、ここで買ったヌバックの肘当てつきのスコットランド製の手編みのセーターが良くて、かれこれ5年近く使っていた。

 

そんな店だったが、最近はそこらで売っているようなくだらない服ばかり、仕入れるようになってしまった。

「なんでこんなものにしたの?」

と聞くと、どうやら通信販売で購入後に値引きしてくる客、何度も着てから返品しろという客、買った1ヶ月も後に難癖をつけて返品する客、そういうのがあまりにも増えすぎたのだという。

希少ハンドメイドものの服など、一回に入荷する量はわずかだし、単価も高い。

そういうのが1ヶ月後に返品されてしまっては、仕入れに金を回せなくなってしまう。しかも返品されたものがひどい状態で売れなかったりすれば、もうまともに商売はできない。

しかし、そんな客が本当にいるのか、と聞くとどうやら驚くほど多いらしかった。

10人に1人くらいが、こういう客だという。

 

そういうわけでこの店は、安くて売れそうな商品をたくさん仕入れてたくさん売るショプになった。相変わらず変な客は多いが、客の数が増えて単価が安くなったので、問題なく商売ができているという。

馬鹿な客がいると店はダメになる。それを感じた瞬間だった。

この店は同じ看板で営業しているが、内容の変化を見れば以前の良かった店は廃業したのと同然だ。

せっかく他で手に入らないようなものを扱うショップを、10人に1人のくだらない客がダメにしてしまうのである。

お客様は神様の意識をどうにかしないと、本当に良いものや面白いものはどんどん手に入らなくなってしまう。