個人的なナポリシャツブランドの評価 アンナマトッツォとかモンテサーロとか

手元にアンナマトッツォがある。

これはカルロリーバのコットンでオーダーした白シャツ。アンナマトッツォはナポリでも中心から離れたメルジェリーナ駅というところの近くにあって、一番近くて有名なのはおそらく海沿いにあるサルトリアダルクオーレだと思う。

アンナマトッツォのシャツはさすがだ。

別に伝説のシャツ職人だとは思わないが、いたるところにアンナおばさんならではの工夫が見られる。

シャツ作りに常識はないと言わんばかりだ。

ナポリにはたくさんのカミチェリアがあって、僕はかなり色々なブランドを試した。

正直日本で売られているナポリのシャツブランドは、どれも作りが似たりよったりだと思っている。

マリア・サンタンジェロのシャツのタグをマリオ・ムスカリエッロのシャツのタグに変えて気づく人がどれくらいいるんだろう。

まあ、それはいいとしていくつかのブランドについて買いてみよう。

 

アンナマトッツォ

 

アンナマトッツォのシャツは最初に書いたようにさすがだと思う。問題はその値段である。伊勢丹では10万円近い価格だっただろうか。

実はアンナマトッツォは現地でビスポークすると500ユーロほど取られるのが普通だ。1ユーロ140円換算にすると7万円。まあ、10万円なら妥当か、、、なんて思うかもしれない。

だがビスポーク以外はアンナマトッツォ本人が関わっていない。

というかビスポークとプレタポルテを比べれば、そのクオリティの差は歴然だ。

これは手縫い部分〜工程とか言っている不感症の人々にはわからないだろうが、手がけている職人の熟練具合が違う。

とはいえそれでもアンナマトッツォはいい。

プレタポルテが5〜6万円くらいで売られていたら非常にお買い得だと思う。カルロリーバの生地は格別高いから、この値段はぼったくりではない。

 

アヴィーノ

 

今人気なシャツの一つはアヴィーノだろう。

このシャツは作りは悪くないけれど、売っている製品のえりの形とかシルエットとか総じてあまり好みではない。

そもそも肩とか身幅が細すぎるし、襟は個性を求めているのか使いにくいものが多い。

そういう部分を直せば悪くないシャツなんだろうと思う。

ただ雑誌に山ほど広告を打っているし、儲かっているのはたしか。

別に一般的なナポリシャツとはそこまでレベルも大差ないが、なんとなく特別扱いをされているのは、広告がうまいからだろう。

 

モンテサーロ

 

これはナポリというよりナポリ近郊のブランドだったと思う。

日本でもけっこう人気が出ている。

モンテサーロはシャツブランドとしてのレベルはなかなか悪くない。だが日本での値段はやや法外だ。

シャツ自体の仕入れ値は、手縫いが多いといっても通常のシャツブランド+1〜2割が限度だ。手縫いメインのシャツも4万円以下で売られているから、これでは儲からない。

そこで日本のショップが考えたのが、200番手やそれ以上の生地を使って、販売価格を高くすること。

7万円とか、すごい価格になっている。

結果、東京の一部の金持ちが

「俺は240番手のモンテサーロを7万円で買ってるけど、240番手も結局大したことないよね」

と自慢したりしている。

自分の気に入ったカミチェリアで仕立てた80番手のシャツを何も言わずに着ている方がよほどエレガントである。

 

 

あとは簡単に。

伊勢丹とかで時々見かけるフランチェスコ・メローラはナポリの小さなシャツ工房で、ひどい性格の悪い親父が手伝いの女性と作っている。が、工房はものすごく小さいので、日本に出すほどシャツは作れないと思う。おそらく外注しているのではないだろうか。

マリネッラのシャツはもちろんOEMだが、OEM先はとっくに日本で忘れられてしまったヴァナコーレだという。(今は違うかもしれない)

ヴァナコーレはドレスシャツが得意でレベルの高い、優秀なシャツ工房だが、変なカジュアル生地のシャツを日本のセレクトショップが大量発注してから人気がなくなった。

 

 

僕が普段着ているシャツはナポリで仕立てたものだ。キアイア通りに工房があるピッコロという若くて少し神経質そうな職人によく作ってもらっている。

もちろんあの銭ゲバのサルバトーレ・ピッコロとは別人。あのサルヴァトーレ・ピッコロは総合ブランド化して、サルトリアチャルディ近くの高級な通りにショップを出している。シャツは雑だし、何よりカジュアルダウンの仕方が非常に悪趣味だと思う。

あとはピッチリーロというカミチェリアでシャツを作ることもある。これはかなり騒々しく治安も?な旧市街にあって、工房自体はたしかカサルヌオォボかどこかにある。

しかし作りは群を抜いて素晴らしく、とても丁寧なので気に入っている。アンナマトッツォほど超絶感はないが、ギャザーの感じやステッチの美しさはそれに匹敵するものだと思う。

ちなみにキアイアのピッコロもその系統だが、もう少し控えめ。

 

フィナモレを今更買う人はそんなにいないだろう。とっくにナポリから本店も撤退している。

ボレッリやバルバは世界的なシェアが大きいので、品質は一定。日本の値段は最近チェックしていないのでわからないが。

Gイングレーゼは間違いなくいいシャツだ。だが時々別注で袖の肘の部分に変なプリーツ?のようなものが入っている。肘を曲げやすくするとか講釈たれて売るのだろうが、肘の位置は人によって千差万別。プリーツが擦れてヒリヒリするので、そのシャツは一切着ていない。無駄な事はしないで欲しい。