スティレラティーノやその他人気ブランドのナポリでの評価とか評判とか

前回のスティレラティーノとかの仕入れ値の話、意外と好評だったので、もう少し詳しく書いてみようと思う。

こういう今日本で人気のブランドのナポリでの評価ってどうなの、という話。

 

で、のっけからこんなこと書いてはなんだけど、スティレラティーノとかパイデアとか、ディペトリロとかそういうブランドはナポリでは全く売ってない。

もしかしたらちょっとは売っているかもしれないが、店で見たことはない。

売っているのを見たことがあるのはLBM1911とかタリアトーレのジャケットくらい。そういうのが5〜6万円で売っていたりする。あとはPT01とか。めちゃくちゃ高いけど。あとはキートンとかを売っている店が時々ある。

それ以外はほとんど売っていない。

だからスティレラティーノとかパイデアとか、ディペトリロとかにナポリの評判も何もないのだ。

どうして売っていないか。

現地では高すぎるし、日本人向けのブランドだから。

 

ナポリではだいたい2万〜4万円のスーツやジャケットを着ている人が多い。セールの時期なら1万円くらいで買える。

これは別にブランド生地を使っているわけでもないし、作りは日本でいうスーツセレクトにちょっと毛が生えたようなものだ。

それ以上いいものを求める場合は、たいていサルトリアに行く。

安いサルトリアで現地人なら13万円くらいから作れるところもある。生地をどこかで安く買っていけば、15万円くらいで済むということだ。日本人が行くと、安いところで15万円〜20万円くらいで作れる。

だからスティレラティーノのような服を20万円以上も出して買う理由はないのだ。ちなみにイタリアでも北部などスティレラティーノが売っていることはあるが、値段は10万円〜15万円くらいだ。

それでもサルトリアでハンドメイドのスミズーラをする方がよほどいいじゃん、ていう話。

 

でも日本ではナポリ仕立てが20万円で作れるところなどないから、既製服を買うのは仕方がない。

あとはどんなブランドを選ぶか次第。少なくともポリやナイロンの生地のスーツなど、価値はないから買わないだろう。

20万円の既製服だったら、ホーランドシェリーとかカルロバルベラとか、カチョッポリ、あとはドラッパーズとか使っていて当然だと思う。

ちゃんと目を養うこと。

これが一番大事なのだ。