ナポリの冬はおしゃれ

去年の末はナポリでは大きな仕事もなかった。だから結局ミラノで仕事をさくっとすまして、その後は休暇として過ごした。

僕はミラノはミラノで好きなのだが、観光をしにきているスノッブな日本人を見るといたくなくなってしまうのだ。

そして結局ナポリで過ごした。

しかしナポリの冬はおしゃれだ。夏もおしゃれだけど、おじさんたちの冬の着こなしはかっこいい。

ジャケットとかスーツを、しっかりとネクタイで着こなしている。

日本の冬は本当にくらい色ばかりだ。それにみんなアウターの質が悪すぎる。冬こそ、アウターにこだわればいいのに。

ナポリは冬でも10度をきらないことが、多くて、別にそれほど寒くない。

だけど冬を逆に楽しもうとしているのか、しっかり季節ぽっさを出して着こなしている。

例えば薄めのツイードとか、モーレスキンとかだ。

あと冬はチェック柄を着たがる人が多いが、これはサヴィルロウへの憧れだろうか。

日本の冬はもっと寒い。

だから遊び心がなくなるのもわかる。だけどせっかくコートを仕立てるなら、むしろブラウンのチェックとか作ってもいいんじゃないかと思う。

どうせ中に着るスーツは紺無地の地味なスーツなんだから。

とはいえもう冬も終わりだ。

レディースはプレスプリングともいうべき、明るい色の秋冬ものに切り替わっている。

メンズだって、クリーム色とライトグレーのコートを着ていい季節がきていると思う。