Passaggio Cravatteというネクタイ

パッサージョクラバッテというネクタイを2本持っている。

どちらも去年の初め頃に、インスタグラムで見て直接オーダーしたものだ。

ブランドのオーナーはジャンニチェルッティという男。カラフルなメガネをしていて、いつも派手な着こなしをしてるをけっこう悪趣味な男だ。

このパッサージョクラバッテというブランドの売りは当初から、ビンテージ生地だ。

派手な色彩はビンテージならではで今では見つからないような生地で、ネクタイをビスポークしてくれるというわけだった。

パッサージョクラバッテの公式インスタグラムで見てたしかに生地もビンテージっぽくてかっこいいし、作りも良さそうなので2本注文してみた。

ネイビーにけっこう派手なペイズリーが入った生地と、若草色に赤と水色の小紋柄がプリントされた生地。

だが届くまでにけっこうなすったもんだがあった。

まず金を支払うまでは親切。すぐに返事もくれるしパッサージョクラバッテの公式インスタグラムで問題なくコミニケーションが取れた。

だけど金を支払うと豹変して一切連絡がなくなる。

2ヶ月か3ヶ月して、僕はもう一度連絡を取ってみたけど、一向に返事がない。

半年くらい経ってから、連絡があってネクタイが発送される。しかし届いたネクタイの色が違う。

これ以上待つのもめんどくさいし、ということでそのまま受け取ったというわけだ。

パッサージョクラバッテのジャンニ・チェルッティという男はこういうことで有名らしくて海外の掲示板でもけっこう叩かれている。

 

それで実際に生地を見て思ったが、僕はこれはビンテージ生地ではないと思う。

おそらくシルクであることは間違いなさそうだけどビンテージではない。

まず第一にパッサージョクラバッテのインスタグラムを冷静に見て見ると

「Bespoke Vintage Ties」

とは毎回書いているけど。

一度も

「Vintage Silk」

とか

「Vintage Fabric」

などとは書いていない。つまりビンテージなビスポークネクタイだという意味では書いているけど、ビンテージのシルクとは書いていないのだ。

ここまで統一してビンテージシルクという表記がないと、これはわざとやっているとしか思えない。

次にきになるのはパッサージョクラバッテに使われているこのシルク生地の質感だ。

これは明らかに昔のマシンで織ったシルクの感じではない。

パッサージョクラバッテの生地はパリパリしすぎててポリエステルっぽいし、イタリアのマーケットで売ってる古着のネクタイのシルクとかと比べるとやっぱり風合いとかが違う。

ビンテージのシルクはもっと色合いがくすんでいるものが普通だし、手触りももう少し柔らかい。

しかもきわめつけは買った2本も、去年新宿伊勢丹で見たプレタポルテのネクタイも全部シルクの質感が同じなのだ。

パッサージョクラバッテに使われているのがビンテージの生地だったら生地が作られてから経っている年月も違うのが普通。

保管状態もまちまちのはずじゃないか?

ネクタイによって色の雰囲気とか手触りとかがガラっと変わっているはずだと思う。

それなのにパッサージョクラバッテのインスタで見るものも全部生地感が似たものばかり。

色柄は違うが全部同じ工房で織られているんじゃないかというぐらいに、パッサージョクラバッテのネクタイは全部質感が似ている。

ビンテージのシルク生地がここまで安定して供給できているのも普通に考えておかしいんじゃ?

数が限られているビンテージのシルク生地使ってパッサージョクラバッテのプレタポルテのネクタイが15000円っていうのも、不自然な話じゃないのだろうか。

別に騙されたとかいうつもりもないし、パッサージョクラバッテにネクタイの金を返せとかいう気はない。

でも普通に考えておかしいパッサージオクラバッテのネクタイがこれだけはやっているのは、ちょっと間違っているんじゃないかと僕は思う。

これを普通に仕入れてビンテージとして伊勢丹みたいな大御所が売るのは大丈夫なのだろうか?

パッサージオクラバッテの2本のネクタイはもうしていないが、見るたびにそういうことを思う。