人生という時間は有限で、長い様で短い。時間とは命そのもの。

昔から自由に生きたいと思っていた。幼き頃蟻とキリギリスの話を聞いて僕はアリギリスになるんだと言っていた、人生は太くて長い方が良いに決まってる、遊び心と好奇心と向上心が大事だろう。

社会人になり1番初めに学ぶのは時間やタスクの管理、スケジューリングと言うのか。僕も1時間毎記録を取り常に修正改善している。時間管理は人生管理、1日は24時間で誰にも平等だがそれを30時間あるかのようにする、24時間の使い方や中身やベクトルが違いその積み重ねが人生そのもので、結果である今や未来が違う。
基本の時間の使い方が下手な人はお金やエネルギーの使い方も下手な人が多いと思う。

一般的に言うような忙しくてやりたい事が出来ないとか、時間が足りなさすぎるとか、それは時間を上手く使えてないだけで時間管理を学べば簡単に時間を生み出しより豊かな人生が送れると思う。

勿論それが全てでは無いが、現代社会では豊かさや幸せにはある程度のお金というものが必要だとは思う。
時間もお金もただの数字だし、儲ける事、楽して稼ぐ事は凄く良いだと思う。そのお金を今より更に生み出すにはその為の時間が必要なのだろうからまずは時間作りが先で、潜在意識的に家庭環境などで身に付かなかった人はそれを勉強するのが良いとは思う。勉強は方向性や仕方を間違えると無意味というか活用出来ない。学ばなければチャートも読めんしコードも書けんし、整理整頓が出来なかったら基本から整理整頓を学ぶ、大体30分考えて答えが出ないような事は最早その人の中に答えはないのだから。

例えばファッションや身嗜みに関してだって、30歳とかいい歳になっても自分が思っているような着こなしが出来ていなかったり、もしくは自分が得たいと思う評価や他人への印象が得られていなかったり、自分に似合う似合わないが分からなかったり、買い物で同じ様な失敗や後悔をしているのなら、それは今まで参考にしてきたものが間違っていたり、依存している価値観が間違っていたり、通ってるお店が間違っていたりするんじゃないかなと思う。
その根底となる自分自身の考えや価値観がそうさせるのだろうけど、何故それを買ったのかとかタグやブランド名がなくてもそれを買うのかと考えれば、何が自分を間違った方向へ進ませているのか分かるし、一旦今まで見ていた雑誌やメディアやお店を止めるなり変えるなりし、自分を見つめ直し羨望や憧れを捨て理解する、基本から学び自己認識能力や美的センスを磨けば同じものでもイメージ通りの良い着こなしは出来るとは思う。
一生ものと呼ばれるような高価なものでも新品や大して使用せずフリマサイトや中古屋に個人から出されているのを見ると余程裕福な人が多いのか、そんなにコロコロ趣味が変わるのか、自分に合う合わないも含めてそんなに物を見る目が無くて買い物が下手な人が多いのかとたまに思う。
大体朝出勤する人ならその日の着こなしをその日に考える事も時間の無駄だと思う、これもその日の天候や気分によって色々考えるのが楽しいし好きって人も居るのだろうからそれはそれで良いんだろうけどね。
ちなみに僕はパターンというかセットが決まっているのでその日に被服の事を考える事は0秒、自宅に仕事部屋も運動部屋もあるから移動0秒。

人生80年なら、1日24h、1ヵ月/30日720h、1年/356日8544h、10年3650日85440h、80年29200日683520h。例えば1日24hを大きく3つに分け睡眠8h、仕事8h、プライベート8hだと、1ヵ月で10日、1年で4ヵ月、10年で3年4ヵ月、80年で27年もただ寝ているから実際は53年しか人生は無いようにも感じられる。
全ての時間を含めて人生なのだろうけど、僕はその3つの時間なら睡眠は健康に一番ベストな時間、働く時間は極力少なく且つ感覚や脳の向上範囲時間で、プライベートの時間は極力長い時間を過ごしたいと思って生きている。

例えばDoorToDoorで通勤時間往復1時間、週3運動に往復30分なら計6時間30分、1ヵ月で26h、1年で13日、10年で130日、40年働くなら520日、1年半もただ移動してるだけになる。人が1日にスマホを見る回数は平均110回、日本では平均利用時間は3時間20分、利用1位LINE、後はSNSやYouTubeやゲームアプリなど。もし1日に暇を潰す為ダラダラとTV見たりスマホ弄る時間が2時間なら、週で14h、月で60h、1年で30日、10年で300日。一般的社会人が何か物を探す時間は1日30分だと言う、週3h半、1ヵ月で15h、1年で180h7日12h、10年で75日、無意味な飲み会や付き合いなど切りがないが。。。
でも1年で移動やダラダラとした暇潰しや物探しなんかに1212h/51日も使ってると考えると勿体ないなと感じるな、1212hじゃ1日8時間働くなら152日稼働分も無駄にしている事になる、時給1000円でも121万。
僕はメールなどの返信は即時対応や重要でないものはメッセージタイムを決めそこで返信や遣り取りをする、家電やベルから使ってたら訳無い。
例えばそれを削れば1日4時間、1年で152日分、こうして時間管理によって生み出した時間でやりたかった事をする。そのままで意図的に作り出さなければ時間は待っていても出来ないし、大事な事は折角造り出した時間で普段と同じ事やその延長線上の同じ事をしては無意味、元々無かったものだと捉えてやりたい事の為にのみ使う。
段階的にでも良いとは思う、まずは生み出した自由時間を使って、もっと自由時間を生み出す。30分自由時間が増えたのなら暫くはその30分で更なる時間管理や24時間の時間割、濃度と質と量を増やす為の時間にすると、次の段階では更にプラス1時間作れそこでやりたかった事する。時間的なレバの効く作業を増やしルーティンなら効率化や自動化やシステム化すればいい、止めても問題ない事は止めればいい。

勿論ぼーっとするのが好きならそれは好きな事だから良いし、1時間ぼーっとすると決めてするのも良いと思う、暇を潰す為だけにソシャゲーをするのは金を払って命を無駄にしているのと同じだと思う。

何か新しい事をする時には潜在意識と顕在意識、ホメオスタシスとトランジスタシスの作用の中で無意識からそれをさせまいと潜在意識が固定するセルフイメージへ現状維持させる力が精神的にも肉体的にも働く。それをしたり選ぼうとした時に意味もないリスク感や不安といった声や感情としておきる迷いは大概はこれ。生きる為には必要な機能だし、そのセルフイメージを書き換えて逆に自分が必要だと思う事や理想の為にやらなければいけない事を習慣化しセルフイメージにすると逆にそれは強い味方にもなる。
大体90日、3ヵ月位で習慣化しセルフイメージは書き換わる。運動も初めは何やかんや理由を付けてサボらせるようにこの現状維持機能は働くが、3カ月も続けは苦にはならないし1年もやれば逆にやらずにはいられないとかやらないと気持ち悪くなるように働くし、ダイエットだって同じだろう。本当に時間が無いなら30分早起きでもして時間管理を開始すればいい、すぐに慣れる。まずは新しい事の為の勉強を1時間とその実践や確認に1時間だろう。

シンプルな何かをしている時はシンプルな何を重ねてダブルタスクでやればいい、子供の頃に二宮金次郎の銅像の銅像を見て話を聞いただろう。例えば僕は家で筋トレや運動や車移動や食事を作る時などワイヤレスで論文や本や学習を音源で日2時間以上は聞いている、記憶度や理解度はどうかと実際それだけを読んだり聞いたりした場合と書き出して比べて見たが僕はそんなに大差はなかった。
隙間時間を有効に活用するのも大事で、何かを待つ時間10分も積み重ねれば膨大な時間になるし手元にスマホがあればある程度何でもできる。メモ書き程度でもリストアップや考えや案のタネを書き留めておけば、いざ作業をする時にすぐに出来るしいきなり書いたり作るものより良いものになる、その瞬間の閃きや気が抜けた時の方が色々柔軟で良い事を思い付く。アーティストだってどこでも思い付いたら歌詞やらデッサンをメモるだろう。

処理力での結果なら10の処理しか出来なかったものを効率化やシステム化、自動化に1時間使い100処理出来るようにするのだろうし、戦略や質での結果ならそれで10の結果しか得られなかったものを効果を上げる為のアイデアやクオリティ向上により100得られるように1時間を使ってするのだろう。金額で表せば1時間1万だったものを10万円。自動化できれば手動の1時間は24時間に化ける、良いレバだ。両方からの生産性の向上が必要だろうけど、本当に重要な情報だけ見れば1日複数の会社やプロジェクトを管理する事が出来るし、処理の方は大概は外注やシステムがある。
パソコンが古くて重くて効率が悪いなら最新の良いものに変えるべきだし、1軒屋で掃除が大変ならハウスキーパーやメイドを雇うべきだと思う。別に外注、ソフトやシステム、最新機器は贅沢とかって話ではなくて経済的な選択でしかない、時給1万円を生み出す人が家の庭手入れや拭き掃除まで含め12時間掛るなら業者を雇った方が余程安いしエネルギーの温存にもなる、寧ろ自分でやった方が大きなマイナスだ。社だって社員を雇ってるんだから外注だろう、これからはそれをAIした方が良いって事だろう。

僕は塾の類は通った事がない、方針で勉強を教えて貰う為に行く費用はそれが自分自身の力でクリア出来ていた場合はくれるというやり方だった、レベルなどは常時話し合った。小中学生の平均月謝が1万円なら1万円貰え大学予備校代も貰った。そのお金を資金したんだけどね。高校に入る頃には何故こういう方針なのか良く分かった。

話を戻すと、重要な事は時間とは命そのもので、本当に尊いかけがえのないものだと捉える事だと思う。時間の無駄遣いは命の無駄使いや浪費したって事。人生で一番若いのは今この瞬間だからそこ無駄にしない、時間が過ぎているではなく時間が減っていると考えれば自ずと無駄な事もしなくなる。時間について学んだり考えたりする事は人生について学び考えたり深める事であり解放だと思う。
そう考えると全てが前向きに一生懸命に捉えられるし、仕事だけでなく遊びやプライベートの質も変わるし、命を使ってると考えるとただの暇潰しや寂さの紛らわしでは無く人生を楽しむ為の趣味をしようという気にもなれるし人生を楽しみ充実させる達人やプロになれると思う。

僕はそうやって作った時間で毎日、友人や家族と2時間ゆっくり夕食を取り、映画を1本見て、趣味をしたり様々な好きな事をしている。
無駄、無意義や有意義などは人によってそれぞれだから、それを下らない無駄だという人もいるのだろう。

目の前で砂時計や蝋燭の火の様に過ぎて行くような感覚で捉えてる訳でもない。
出来た時間を更に収入を上げる為に使うも趣味に使うも良いと好きにすればいいが、ただ無意識に去る、記憶に残らない過ごし方はしない方が良いと思う。

お金持ちは時間持ちと言うけど、そうでなくてもまずは時間持ちにはなれる、だからその人次第で充実し豊かにも幸せにもなれると思う。